プロフィール

kenkob

Author:kenkob
スコのエルと
マンチカンのミニョン。
猫写真のブログです。

アメショーのケンゾーは、
2012.10.11に亡くなりました。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2カウンター


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








チョーカー♪


溜りに溜まった洗濯物を一気に洗濯して、
すっきりしたkenkobです、こんばんは。

洗濯はいいんですけど、
料理を作るのはめんどくさいですよねぇ。

 首輪を新しくしました。
 「ネコのお洋服屋さん キャットプリン」で購入した、
 「ミシェールちゃんのチョーカー♪」です。


 エルちゃんが首をかしげていますよね。
 そのわけは・・・

 
 エルちゃんの後ろにあるテレビに、
 私の手が幽霊のように写っています。


 左手に持っているスーパーボールでエルちゃんの気をひいて、
 右手に持ったカメラで撮影していたのでした。


「愛Loveヘビにゃんに変身セット♪ライトピンク」
も購入したのですが、
まだアップできるほどの写真が撮れていません。



じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

 にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログへ  
-------------------------------------------------------


スポンサーサイト



2012⁄10⁄27 18:33 カテゴリー:エル comment(0)
▲pagetop








チェスト


ケンゾーの喪失感が拭いきれないので、
代わりのニャンコを探しているkenkobです、こんばんは。

「運命の出会い」はまだありません
候補といえそうなのは・・・マンチカン
でもね、店舗にいたときは寝ていたので、
寝顔しか見ていないんです。
寝顔だけじゃ、ココロは奪われませんよね。
欲しいと思っているニャンコは、マンチカンと、
ノルウェジアン・フォレストキャット、メインクーンです。

 ベッドサイドにあるチェストに入っているエルちゃんです。


 カレンダーに採用された写真と同じチェストです。

 
 ベッドから写真を撮っているから、
 油断をすると足が写りこんじゃう…


 エルちゃんは、弟と妹のどちらが良いのかな?





じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

 にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログへ  
-------------------------------------------------------





2012⁄10⁄20 23:53 カテゴリー:エル comment(12)
▲pagetop








ありがとう


 最初の写真


 あなたをカメラで撮影したのは、これが最初でしたね。この写真は2002年、しかもカメラはニコン。この頃の私はカメラなど持っていなくて、当時付き合っていた女性から借りたものです。その女性は、あなたの機嫌をとるために、よくおやつを与えていましたよね。だから女性が部屋にいると、あなたは「おやつをもらえるかもしれない!」という顔で待っていましたよね。
 
 フラッシュのせいで目をつぶっているケンゾー


 私がキャノンのコンデジを購入して撮った写真です。写真の知識など全く無かった私は、あなたを撮るときにフラッシュを多用してしまい、すっかり写真嫌いにしてしまいましたよね。あなたが、エルちゃんのようにカメラ目線が当たり前のニャンコと違うのは、この頃の私のせいであることは間違いありません。
 
 抱っこされているケンゾー

 
 このあたりからキャノンのデジタル一眼を使って撮影するようになりました。この写真は三脚で固定して撮ったものです。しかも、あなたの嬉しそうな顔を撮るために、わざと私の帰宅直後に撮影したものでしたね。
 
 目が何かを訴えている?


 あなたはエルちゃんと違い、よく鳴きましたけど、それ以上に目で何かを訴えかけることが多かったですよね。あなたが何を訴えているのか全く分からなかったことのほうが多いのですが、それでも一緒に年を重ねるごとに少しずつ少しずつ理解できるようになってきました。やはり14年って長い年月ですよね。

 お手をするケンゾー

 
 あなたは「おて」も「おかわり」もできる賢い猫でしたよね。名前を呼べば近くに来たり、返事をすることも、当然のようにやっていましたね。まるで犬のような愛らしさを持っているのがあなたでした。写真にある、このソファの背もたれの部分に、ドカッと飛んできて「そばにいても大丈夫?」という問いかけのような目で一瞥して添い寝することもありましたね。あなたが飛んでくることを知らずに、ビックリしたこともありました。 
 
 ベットに登ろうとしているケンゾー


 気温の高い時以外は、あなたは私のベッドで寝ていましたよね。夜10時ごろから「もう寝ようよぉ」というふうに催促しましたよね。私からすれば、そんな早い時間から寝ることなんてないから、うざく感じたりしました。呼ぶのを諦めて独りで寝た後、私がベッドに入ると、待ってましたといわんばかりに傍に寄ってきましたね。爆睡していて気づかなくても、わたしが「ケンゾー」と呼べば、眠そうな顔をしながらベッドに上ってきましたっけ。あなたは「甘えん坊」ですからね。これから寒い季節になるのに、あなたの温もりがないなんて、想像もできませんよ。

 こちらの様子をうかがうケンゾー


 たぶん、この写真のあなたは、缶詰を欲しがっているときですよね。あなたは大変な食いしん坊ですから。胃腸が弱いくせに欲張ってドライフードをバクバク食べちゃって、もどしてしまうこともしばしば。そんなあなたのために胃腸に優しい消化の良いドライフードを15キロも買いましたけど、エルちゃんだけでは、なかなか食べきることが出来そうにありませんよ。
 そんなあなたが缶詰は食べるけど、ドライフードを食べなくなり、徐々に痩せていったときは、暑さか歳のせいかとも思ったのですが、肝臓にある腫瘍のせいだとは想像もできませんでした。獣医に通っているとき、血液検査の数値から「この状態で餌を口にするなんて考えられない」といわれたときは、何だか複雑な気分でしたよ。医者の口吻からはあなたがいなくなる「覚悟」を要求しているのに、あなたの食欲、いやこの世に留まろうとする「すごさ」を感じずにはいられませんでした。肝臓の状態を良くする薬を点滴とともに皮膚の下に入れても、それを消化できずに体重だけが重くなっていきましたね。あなたは缶詰のエサを口にするから徐々に回復しているかも?なんて淡い期待を抱いていた私は、背骨がはっきりとわかる痛々しい背中を見て見ぬふりをしていました。缶詰も口にしなくなり、体重の増加も単に点滴の結果であることを医者に告げた後、医者から「人間のように、お腹を開いて腫瘍を摘出することはできませんから」といわれ、通院を諦めた時、病院の待合室で涙を抑えるのが大変でしたよ。

 また写真を撮ってる…という顔ですかね?

 
 医者で行った一回目の血液検査で、かなり症状が悪いと告げられていましたが、私はなかなか覚悟が出来ずにいました。そんな私を知ってか知らずか、あなたは徐々に弱っていきましたよね。30センチくらいの高さのテーブルにすらつまずいていたり、ゴロゴロと喉を鳴らすときの音も、聞き取れないくらい弱くなっていきました。あなたがベッドの傍で寝ていて、私がリビングでテレビを見ているとき、あなたのけたたましい鳴き声で様子を見に行くと、おしっこを漏らしていることも。あなたはそんな粗相をしたことがないくらい、トイレトレーニングのいらないニャンコだったのに。ベッドからリビングの一部においてあるトイレまで行くことが出来ないくらい弱っていたのですよね。その時から私のベッドのそばに、猫ベッド、水、トイレ、そして食べることを期待して置いたエサ。あなたは、それらが半径50センチくらいの小さな空間に収まっている状況で生活するようになりましたね。あなたはそうやって徐々に徐々に弱っていく姿を私に見せて、私の覚悟を促したのでしょう。肝臓にある腫瘍のせいでかなり苦しかったはずなのに。

 やはり目が特徴的ですね。


 ドライフードも缶詰も食べなくなったあなたに、高カロリーの粉末のエサを水で溶かし、注射器で無理やり口に入れていました。初めのうちはこれで徐々に良くなってくれれば・・・と思ったのですが、苦しむあなたを見るにつけ、私の我儘であなたをこの世に拘束しているのではないか、と考えるようになりました。嫌がるあなたの抵抗は、本当に弱弱しいものへと変化していきましたね。逝ってしまう直前なんて、水すら自分で飲めなくなっていました。あなたが亡くなる日の朝方、私が無理やり水を与えていると「もういいよ」という感じで、鳴き声をあげましたよね。それから私が会社へ行くまでに、あなたは何度か鳴いていましたが、それが私の記憶に残った、あなたの最後の声でした。あなたの言葉は私には難しすぎて、すべてを理解することなど出来ませんでしたが、その時の言葉は、「さようなら」といっていたかもしれませんね。もしかしたら・・・ですけど。

 なぜかキャリーの中から出てこないケンゾー

 
 若かった頃は、キャリーの中から飛び出すように出て行ったものでしたが、このときのあなたは、この中で過ごすこともありましたね。あなたと病院へ行っている間は、エルちゃんの邪魔が入らず、私を独占できると思っていたのかもしれません。それくらいあなたは「甘えん坊」でしたからね。エルちゃんを飼った動機は、あなたがいなくなる可能性が高くなったからでしたが、あなたにとっては迷惑だったのでしょうね。エルちゃんはあなたにとって、餌と私を奪う敵だったのですから。
 あなたはベッドに上ってくる体力もない状態でも、私と添い寝したくて、私を呼びましたよね。私からすれば、ベッドでお漏らしなんてされたら・・・なんて考えましたが、枕の横にあなたを持ってくると、小さな、本当に小さなゴロゴロが聞けたので、ホッとしました。あなたのような甘えん坊が、あちらの世界に行っても大丈夫なのかと大変心配です。

 これがあなたを写した最後の写真になりましたね。


 この写真は、9月23日に撮影したものです。あなたは10月11日に亡くなりましたが、私はこの日以降、カメラであなたを撮影することが出来なくなりました。この日の撮影でさえも、あなたが亡くなってしまうと想像しただけで涙が溢れてきて、とてもファインダーを覗きながらピントを合わせることなんてできませんでしたから。だから、ピンぼけ写真ばかりでしたよ。ましてや顔や手足がむくんできましたしね。そんな顔を写真で撮ったら、あなたの尊厳を傷つけることになりますよね。
 14年もの長い間、一緒にいてくれて本当にありがとう。たぶん、私の人生の中でも最悪といえる数年が含まれていると思います。そんな悔し涙を流していた時に、あなたは私のそばにいて、私を励まし、心を癒してくれました。あなたの存在がなかったら、私がこの世に存在し続けることが出来たのかさえ、怪しいものです。あなたの最後の数日は大変苦しくて、痛かったのでしょうが、これでようやく解放されましたよね。安らかにお眠りください。ほんとうにありがとう。あちらの世界でのんびりしてください。
 
 でもあなた、まだ傍にいるんでしょ?だって昨夜、私がベッドの中であなたとの思い出に胸が押しつぶされそうになっているとき、「ぽとっ、ぽとっ、ぽとっ、ぽとっ」ってあなたがベッドのそばに寄ってくる足音を確かに聞きましたから。



じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

 にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログへ  
-------------------------------------------------------





2012⁄10⁄14 20:58 カテゴリー:ケンゾー comment(14)
▲pagetop








富山メルヘン


ケンゾーさん、徐々に弱ってきていますが、
何とか生きております。
顔や手足がむくみだしたので、
「肝臓にある腫瘍とは関係ないのか?」
と思って調べましたが、
肝臓に炎症や腫瘍のある時にも起きる症状でした。
もしかして病状が違っているのでは?
と淡い期待を抱いてしまったkenkobです、こんばんは。

人間の老人介護に似ているような、
老描介護状態です。
あまり文句は言いませんけどね。

〔 関連ブログ記事 〕
::::: 「パティスリー ミレジム」 :::::
::::: 「リブラン」 :::::
::::: 「オーボン スーヴニール」 ::::: 
::::: 「トゥッティ フルッティ」 :::::
::::: 「パティスリーシュゥエト」 :::::
::::: 「菓子工房 こうげん」 :::::
::::: 「SWEET FACTORY」 :::::
::::: 「ニューモンブラン」 :::::
::::: 「パティスリー・ジラフ」 :::::
::::: 「パティスリー・クロト」 :::::
::::: 「洋菓子 サクライ」 :::::
::::: 「PATISSERIE MONICA」 :::::
::::: 「UKIPAPA(ウキパパ)」 :::::
::::: 「ル・パティシェジュン」 :::::
::::: 「アン・ファミーユ」 :::::
::::: 「ティン・カーベル」 :::::
::::: 「"和の心"ぷちロール」 :::::
::::: 「バニラバニラ」 :::::
::::: 「シャルロッテ」 :::::
::::: 「菓子工房グリュッケンベルグ」 :::::
::::: 「patisserie Le Coeur」 :::::
::::: 「パウンド・ハウス 堀川小泉本店」 :::::

*+*+  富山メルヘン  *+*+


魅惑のスイーツ置き場:富山県富山市北代4139-104
定休日:元日
ピンポイント目標:モンブランロールケーキ・ハーフサイズ 680円
          (写真は、1/3にカットしたものです。)    
目標対象物の体積:普通
対象物の中身:お店のある場所が住宅街のなか。店舗自体もこじんまりとした風情。何とも昔風な雰囲気いっぱいのお店です。当然のように味も懐かしい金色のモンブラン・ロールケーキ・・・渋皮を選択しなくてよかったと思いましたね。スポンジがそれほど甘くなくてシットリとしているので、食べやすかったです。これで生クリームがもっと美味しければ高得点になるのに!とちょっと残念な気分になりました。ま、わがままですかね。ちょうどこのケーキを購入した時、別のお客さんが「栗のタルト・パイ」を購入していました。これがめちゃくちゃ美味しそうでしたよ。次はあれを・・・
対象物の糖度:あっさり
攻撃難易度:★★★★



じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

 にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログへ  
-------------------------------------------------------





2012⁄10⁄09 22:53 カテゴリー:美味しいもの  comment(9)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2012 「こしのなかこく」広報室. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。