プロフィール

kenkob

Author:kenkob
スコのエルと
マンチカンのミニョン。
猫写真のブログです。

アメショーのケンゾーは、
2012.10.11に亡くなりました。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2カウンター


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








テンプレの変更点


どうせおっさんと猫のケンゾーしか住んでいないんだから、
年末といっても、大掃除なんてヤル気になれねぇ!と、
ダラダラしているkenkobです、こんばんは。

気温が低くなって暖房が必要となる季節は、
灯油の節約のために一番狭い部屋でひっそりとこもっているので、
他の部屋は出来るだけ使いません。
だから多少汚くても気にならないんです!

と、いうことにしましょう!
ファンヒーターの上のケンゾー



[ テンプレのカスタマイズ ]
・トップ写真をケンゾーの写真に張替え。
・ブログタイトルの位置をケンゾー写真の邪魔にならない位置へ移動。
・ブログタイトルを分かりやすい色に変更。
・リンク等についている肉球の画像を変更。
・サイドバーなどの文字サイズを変更して大きくした。
・文字サイズの変更により、サイドバーに書き込める文字数が減少したので、
 両サイドバーの幅を拡幅。ついでに中央の本文の部分の幅も拡幅。
・上記の変更に伴い、トップ写真の幅を変更して、
 その幅に合うように写真を張替え。
・背景となる色を変更。
(これは、微妙すぎて変更に気付かれない・・・)

*今後の課題
数枚のトップ写真を、ランダムで入れ替えるJAVAスクリプトの導入。
(試してみて失敗した。たぶん、元のテンプレ自体の変更が必要)


じゃあまた、kenkobより




スポンサーサイト



2008⁄12⁄29 17:47 カテゴリー:ひとりごと comment(4)
▲pagetop








テン・プレ変更


しんぐる・べーる、しんぐる・べーる、鈴が鳴るぅ♪
今日は、寂しい、くりすます、へん!
と、自虐的な歌を歌っているkenkobです、こんばんは。

へんだ!
で、テンプレートを変更しちゃいました。
FC2でカスタマイズしたのは初めてです。
「ゆるゆるケンゾーのテンプレート」と名づけたいような出来です。


じゃあまた、kenkobより







2008⁄12⁄25 22:00 カテゴリー:ひとりごと comment(6)
▲pagetop








パティスリー・ジラフ


今日は、大変寒いので鍋物を!と思いましたが、
一人用の鍋物セットがなかったので、
諦めて帰ってきたkenkobです、こんばんは。
ち、ちくしょう・・・

鍋物が食べられなくても、ケーキ食べるからいいもんね!
でもね、今回ジラフさんに行ったら、私の前にいたお客さんが、
最後のモンブランをゲットしていったので、ガックリしました。
えぇ、ケーキが甘くても、
モンブランの逆恨みのために、評価は甘くしませんよ!
(おいおい)

〔 関連ブログ記事 〕
::::: 「パティスリー ミレジム」 :::::
::::: 「リブラン」 :::::
::::: 「オーボン スーヴニール」 ::::: 
::::: 「トゥッティ フルッティ」 :::::
::::: 「パティスリーシュゥエト」 :::::
::::: 「菓子工房 こうげん」 :::::
::::: 「SWEET FACTORY」 :::::
::::: 「ニューモンブラン」 :::::

*+*+  パティスリー・ジラフ  *+*+


魅惑のスイーツ置き場:富山市黒瀬北町1-8-7
入手不可能な定休日:毎週月曜日、第一日曜日
ピンポイント目標:ブルーベーリーのタルト(正式名称ではありません) 480円
目標対象物の体積:小さめ
対象物の中身:以前、新根塚にお店があったのですが、今では私の近所の黒瀬北町にあります。このお店、本当に分かりづらいです。ぐるなび(←クリックすれば見られますよ。)で場所を確認してください。お店の中は、暗めの照明が大変お洒落でセンスの良さを感じさせます。ケーキのほうなんですが、以前のお店で出されていたケーキは、とても小さく、チョコ系のものが多くて、メチャ甘な記憶がありますが、今回行ってみると、印象がガラリと違っていました。小さいのですが、チョコ系ばかりではありません。多くのケーキ屋さんよりも甘いのですが、クドいほどではありません(実は、以前のクドい甘さが好きになれませんでした)。今回はほどよい甘さがなんとも美味しく、見た目にもお洒落でとてもレベルアップしていると思います。でもね、値段設定が、富山のケーキ屋さんの中で一番高そうです。軽く500円を超えるケーキが沢山ありました。特別な日に美味しいケーキを!と思う時に利用したら良いでしょう。
対象物の糖度:甘め
攻撃難易度:★★★★



じゃあまた、kenkobより







2008⁄12⁄22 17:46 カテゴリー:美味しいもの  comment(4)
▲pagetop








高橋多佳子ピアノリサイタル


ズワイガニは解禁になるし、
寒ブリも豊漁みたいだし・・・
美味しいものが出回る季節なのに、
まったく、そんな美味しいもの縁がないkenkobです、こんばんは。
美味しいものを食べると幸せになれる単純なおっさんなんですが・・・

ところで話は変わりますが、
ハーバード大学の行動経済学者ラーナーさんによれば、
人は気分が落ち込むと浪費に走り、
普段の4倍の価格でも平気で払いがちだそうである。
また、人は惨めなときこそ惨めに振舞わない。
惨めなときは自らの存在が軽く感じられ、
それを補うために物質的重さを欲する、そうである。

これ、かなり当たってますな。
私が車を買ったのも、その後散財して、
レーサーズから4万円分ほど、ミニのパーツを買っているのも、
私の気分がドン底状態で、タイヘン惨めな気分だから・・・
お金を使って気分が癒せるなら、
安いものかもしれません。

その送られてきたミニ・パーツたちです。


・・・お約束のケンゾー箱入り写真でした。

さて、またまた話が変わります。
今日は「高橋多佳子ピアノリサイタル」の日でした。


【 曲目 】
ベートーヴェン ピアノソナタ第14番「月光」
ショパン ノクターン第2番
ショパン 即興曲第一番
ショパン ワルツ第5番
ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」

高音をタイヘン軟らかく弾く女性ですね。
特に、ノクターン第2番がよかったです。
この曲は有名なので、ありゃりゃな人を含め、
沢山の演奏を聴きましたが、高橋多佳子さんが一番です。
本当に繊細で、可憐な音を出すので、チョットしびれちゃいましたから。
そのような資質なのに、というか、
だからというか、展覧会の絵は、荒々しさが目立ちましたね。
まだ若いということでしょうか。
てゆうか・・・展覧会の絵は、ユンディ・リのリサイタルで聴いたので、
その演奏と比べては、余りに可哀想かもしれません。
ユンディは、力強さに加えて、キレのようなものが備わっていましたから。

だけど彼女は、演奏の合間に曲の解説を加え、
とってもアットホームな感じのリサイタルになっていました。
それだけではなく、行って始めて知ったのですが、
児童合唱団のオマケつきでしたから。
その児童合唱団の中で、
前のほうにいた緑色のトレーナーを着た一番小さい男の子が、
大きな口をあけて必死に歌っていたのは、
大変微笑ましかったですね。
あんな舞台に自分の子供がいて歌っていたら、
私だったら感動して涙を流しているかも・・・
あ、本当の親だったら、ハラハラして見ていられないかな?

あーあ、子供生みたいなぁ。
あ、生めない体だった!
しゃーない、ケンゾーで我慢するか・・・


じゃあまた、kenkobより







2008⁄12⁄20 19:01 カテゴリー:コンサート comment(2)
▲pagetop








私の考えが・・・


気温が低くて、寒い日が多くなりましたね。
こんな寒いときに食べたくなるのが、おでん!
でも、私は一人暮らしだから、そんなものをグツグツ煮るなんて、
めんどくさくて仕方がありません。
で、スーパーに売っているパックのおでんを買うことになるのですが、
このパックのおでんには、大根が無い物が多い・・・なーぜ?
大根の入っていないおでんなんて、
ドロンジョ様のいないヤッターマンのごとく、
意味ないじゃーん!と思うkenkobです、こんばんは。

気がついたら、ブログの更新を一週間以上サボっていました。
びっくりしたぁ。
その間、本を沢山読んでいたからなんだけどね。
特に藤沢周平さん。
何だか文庫になっているもの全部を、
あっという間に読んでしまうくらいの勢いです。

その藤沢周平さんの「日暮れ竹河岸」という本で、
金策に走る信蔵が先輩の市兵衛に説教される台詞に、
『お説教がましいことは言いたくないが、商いは辛抱だよ、信蔵さん、な?
そりゃ商いには才覚もいる、いざというときの度胸だっている。
だが何にも増して肝心なのは辛抱さ。』
というのがありましてね。

それに比べて、最近のニュースで流れてくるのは、
従業員の首切りの話ばかり・・・
上記の小説の台詞が言いたくなるような、
辛抱のない会社が何故増えたんだろうと思いませんか?

サブちゃんに端を発した世界同時不況は、
明らかに欧米の問題が飛び火しただけのこと。
日本に何らかの問題があるわけではない。
景気循環理論にある、在庫調整サイクルか、
設備投資サイクルによって景気が悪化したといえるだろうか?
円高は、欧米が悪くなっているから、
相対的に価値が上昇しているだけ。
それ以上に、心理状況が非常に萎縮しているだけでは?

日本にとって世界同時不況の嵐は、台風のごとく、
あっという間に過ぎ去ってしまいそうな気がするのに、
バブル期よりも急激に人員削減するのは、
世界同時不況以前から調子が悪い会社か、
たまたま人が余っていたから、
世界同時不況という状況を利用するタチの悪いヤツかも。

従業員の能力の総和が、その会社の能力であることは、
疑いのない現実だと思うから、
首切りを行い、従業員が戦々恐々とするような、
”人の能力を活かさない”どころか、潰してしまう状況は、
その会社にとって致命的だと思うのだが・・・

さて、私の考えは当たっているだろいうか・・・
あえて、みんなが悪いことを言うときに、
良いことを言いたくなりました。
えぇ、天邪鬼ですから!


 ケンゾーが膝の上にのってくるときに、
 ”登っていいか?”という感じの顔です。


私の考えが当たりますように・・・


じゃあまた、kenkobより







2008⁄12⁄16 22:14 カテゴリー:ぼやき comment(2)
▲pagetop








作者近影・・・


すーぱーチョンガー号、ミニ君が我が家にやってきてから、はや一ヶ月半。
それなのに・・・
いまだに方向指示器とワイパーを間違えて作動させてしまうkenkobです、こんばんは。

方向指示器とワイパーの位置が、日本車と逆だからねぇ。
チョット焦っているときにやっちゃうんですよ。
これやると、恥ずかしいのなんのって・・・

また先日なんて、
雪が降ったからフォグランプを点灯させようとして、
前のフォグランプをつけたつもりで、
後ろのフォグランプをつけていましたから・・・
国道41号線を走っていたときでしたから、
後ろの車は赤色のフォグランプが点いたので、
不思議がっていたことでしょう。


さて、リサイタル情報です。
12月20日の「高橋多佳子ピアノリサイタル」のチケットを入手しました。 
1000円なんですよ、このリサイタル。
以前は、その値段を見て行く気になれなかったのですが、
他に行きたくなるようなヤツがなかったし、
『このコンサートは助成により低価格で提供しております』
という記述があったので、余り値段に拘泥する必要はないかな?
と思ったからです。

 作者近影・・・


 後ろ頭だけでは分からない・・・


とてもシャイな作者ですので、
この辺でご勘弁を・・・


じゃあまた、kenkobより







2008⁄12⁄08 20:45 カテゴリー:ケンゾー comment(4)
▲pagetop








DIXCEL Mタイプ


今の世の中はタイヘンな不況で、
多くの人が財布の紐をしめていますね。
それなのに、あぁそれなのに!私は財布の紐が緩みっぱなしで、
どないしよぉと思っているkenkobです、こんばんは。

YKKの創業者だと思うのですが、
『不況の時こそ設備投資などにお金を使い、
好況時はお金を使わない』といっていたはず。
これは、不況時のほうが安く物が手に入り、
人を増やすにしても良い人材を得やすい。
また不況時に投資をして、それが軌道に乗った頃に好況になれば、
即座に生産を増やすことが出来る、という理由だそうです。
ま、若干間違っているかもしれませんけど。

私が不況時にお金を使うのは、
そのような理由からです!
(なんでやねん)


ケンゾーの遊び場」というブログの冒頭に、
「ミニ君のブレーキダストが凄くて、
ブレーキパッドの交換が必要みたいです。」
と書いたら、ミニ君が早くもぶっ壊れたと思った人が・・・

確かに、ミニ君が初めての外車なので、
こんなにブレーキダストがひどいとは私も知りませんでした。
その証拠写真が下のものです。


上の写真は、洗ってから一週間ほどしか経っていません。
下の写真の右側に二週間目くらいになった洗い残しがあります。
ね、凄いでしょ?
日本車のオーナーだったら、
ホイールは、車と一緒に数ヶ月に一度、洗うだけなのにね。


ミニ君のようなお洒落な車が、
このように汚くなるのは耐えられません。
それこそ、メチャお洒落をしても、
靴が泥だらけなら意味ないでしょ?

そこで・・・ブレーキ・パットの交換なのです!
しかし、ブレーキダストが凄いのは、
ブレーキの効きが凄く良いからなんです。
ちょっとブレーキペダルを踏み込んだだけで、
ガクンとなるくらい効きます。
これは・・・効きすぎ!と思うくらい・・・

新しく換えたディクセルのブレーキパットは、
確かに今までとは違い、ブレーキの効きは良くありません。
しかし、ペダルを踏み込んだだけ効くという、
日本車のフィーリングに近いものです。
私としては、こちらのほうが気持ちよく、
スムーズに運転できるので、文句なし!です。
ミニ君の純正パットでは、ペダルを踏むときに気を使わないと、
ガクン!となるので、不快な思いをしましたから。


凄いでしょ、この綺麗なホイール!!!

(ホイールが違うやん・・・)
えぇ、ブレーキパッドの交換のついでに、
タイヤ交換をしてもらいました。
そう、これは以前に買った12万円もするスタッドレスタイヤです。
ぼそっとドコかで書いたように思いますが・・・

「こしのなかこく」は、今週末に雪が降るそうです。
タイヤ交換をしていないそこのあなた!
早く交換しないと、危ないかもよ!


【 商品データ 】
購入品:DIXCEL Mタイプ
購入日:12月4日
購入ショップ:アムロケイズ
購入金額:4万2700円(工賃込み)
一言メモ:車は『BMW MINI  COOPERーS(R56)』です。


じゃあまた、kenkobより







2008⁄12⁄04 19:05 カテゴリー:ミニ君 comment(4)
▲pagetop








たまにあるのかも


以前乗っていたトヨタのカルディナでは、
維持費やぶつけた時以外はお金を使いませんでした。
それなのにミニ君になると、どーでもいいようなパーツを、
レーサーズから買ってしまう状態です。
こりゃ、タガが外れたかな?と思われるkenkobです、こんばんは。


さて、本日の話題です。
いつも行くスーパーのアップルさんでは、
大手パンメーカー以外の地元メーカーの食パンが沢山置いてあるのです。
その中でもお気に入りなのはモカ○○○店の食パンで、
当然、あれば買います。
えぇ、”あれば”です。

このモカさん、どうも商売が下手なようです。
アップルさんのパン担当らしき可愛い店員さんに、
モカさんの商品が余りないよね、と言った後、
しばらくは食パンが増えたのです。
可愛い店員さんが助言してくれたのだと思います。

そして私が買うのは”ハーフ”ですが、
コレは普通の食パンの大きさです。
しかし増えたのは、いつものハーフと2倍くらいの大きなものです。
ほかのどの食パンメーカーも、コレほど大きなものは置いてありません。
ましてや全くカットしていないのです。
私の買うハーフもカットしてありません。

まあ、カットしていないのは、
4枚切りか5枚切りのどちらにも対応できるので、
ほかの食パンではこのようなことがなくても、
美味しいからアリかな?と思っていました。
しかし、あの大きさは・・・誰が買うの?
こんなんじゃ、美味しくても余り買う人がいないよね、たぶん。
だからか、いまでは元の食パンがない状態になりました。
この食パンの増えた期間、一ヶ月ないかも・・・
本店では、どうも食パンを店頭でカットしているようなので、
山室という地域専用のお店なのかも。

そして実はこのモカさん、モンブランもあります。
食パンが美味しいから、ケーキも・・・と思い購入しましたが、
ブログにしていません。
それというのも、
新鮮市場というスーパーに併設されたところはともかく、
本店らしき店舗は、見た目に古くて、
なおかつ、そこでモンブランを買ったとき、
お店のおばさんが奥に引っ込み、
冷凍されたモンブランを出してきたのです。
こりゃ、紹介できんわ・・・と思ったのは当然でしょう。
自宅に帰っても中心部が凍っていましたから。
それなりに美味しかったんですけどね。

なんか文句書いているようですが、
もったいない!!!
という認識なんです。
美味しいものを作るのに・・・

たまにあるのかも知れませんね、こんなお店。


じゃあまた、kenkobより








2008⁄12⁄02 18:21 カテゴリー:ぼやき comment(8)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2008 「こしのなかこく」広報室. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。