プロフィール

kenkob

Author:kenkob
スコのエルと
マンチカンのミニョン。
猫写真のブログです。

アメショーのケンゾーは、
2012.10.11に亡くなりました。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2カウンター


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ネコさまとkenkob


 ロゴのあたりが気持ち良いのかもしれませんが、好きなようです。


 あ、睨まれた!


岩合光昭さんの写真が多い、新潮文庫の「ネコさまとぼく」の冒頭部分に、
『斜め後ろから見たネコの丸い頭が、とくにかわいいと思います。』
と書いてあるのを見て、
何とかその『斜め後ろ』の写真をゲットしようと思うのですが、
なかなか思い通りの写真を撮らせてはくれません。
ネコさまの写真は、タイヘン難しいのです。

しかし、我が家のネコさまは、”ネコさま”かなぁと思うのです。
言い方をかえれば、ケンゾーは犬みたいな主人に忠実な資質を持つ猫です。
だって、毎回、私が帰ってくるたびに、
寝ていても「おかえりなさい」の挨拶をするために玄関まで走ってくるし、
「お手」や「おかわり」をするんですから。
それこそ、その辺に転がっていて、
吠えるだけのバカ犬に比べれば、よほど賢く忠実で、
また、うまく躾けているとの自負さえあります。

でもマレに下の写真のような”ふてぶてしい態度”をとるのを見ると、
やっぱりネコさまかなぁ、と思うのです。

この場合のネコさまの”さま”は、エリカ様の”様”のような、
見た目だけで中身がないという侮蔑的意味合いとはかなり違い、
見た目の可愛さだけではなくて、
性格の面で飼い主の云う事を聞かない自由奔放さを
好意的に言っていると思います。
では、ケンゾーは・・・

考え方を変えると、
毎回、玄関まで「おかえりなさい」の挨拶をするために走ってくるのは、
”エサくれぇ!!!”という意味かもしれませんし、
「お手」や「おかわり」をするのも、
その動作を仕込むためにオヤツを与えながらやっていたので、
単にオヤツ欲しさにしているだけかもしれません。
そのように考えると、
とてもズル賢いニャンコなのかもしれませんね。

その証拠に、「いってらっしゃい」というために、
玄関へくることは殆どありません。
たまに来ても、
『なんやお前、またどっか行くんか?』
とでも言いたげな顔つきをしています。

な~んだ、やっぱりケンゾーも
”ネコさま”じゃない。
ということは、
『すべてネコさま次第です。』
最近はやたらと寂しがり屋で、
暑くても傍で撫でてくれるのを待っていますけど。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



2008⁄07⁄30 17:30 カテゴリー:ケンゾー comment(2)
▲pagetop








ジジイのようなネコ


 何だかジジイのようなネコ・・・


 う~~~ん


 じぃ~~~っと、こちらを伺っていますねぇ。



FC2 Blog Ranking





2008⁄07⁄28 17:29 カテゴリー:ケンゾー comment(0)
▲pagetop








外山啓介 ピアノ・リサイタル


外山啓介 ピアノ・リサイタル
◆2008年7月26日(土)◆

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

サティ :ジムノぺディ 第1番
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
フォーレ:ノクターン 第2番 ロ長調 op.33-2
ドビュッシー:月の光
亜麻色の髪の乙女
映像 第2集   
  葉ずえを渡る鐘の音
  そして月は荒れた寺院に落ちる
  金色の魚
ショパン:ノクターン 第1番 変ロ短調 op.9-1
ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2
エチュード 第12番 ハ短調 「革命」 op.10-12
プレリュード 第13番 嬰へ長調 op.28-13 
プレリュード 第14番 変ホ短調 op.28-14
プレリュード 第15番 変ニ長調 「雨だれ」 op.28-15
舟歌 嬰へ長調 op.60
バラード 第4番 へ短調 op.52

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

予定通り行ってきましたよ、リサイタル。
実は内心、私自身が死の淵に追い詰められているため、
癒しを求めて安いリサイタルへ足繁く通った経験から、
「チケット代金三千円クラスは、やっぱりダメなんじゃなかろうか?」
と考え始めていました。
でも、そんなものは杞憂に過ぎませんでした。
3000円は安いぞ!と叫びたくなるくらい、
良いリサイタルでした。
それこそ三倍の金額を出してもいいから、
もっと良い会場と素晴らしいピアノで聴かせて欲しかった、
と言いたくなる位でした。

最近行った安いリサイタルでは、
前面に出なきゃいけない音が恥ずかしがって後ろに隠れていたり、
後ろで大人しくしているはずの音が出しゃばってはしゃいだりと、
なんだかチグハグなんです。
ましてや、ここぞ!という高音が、
おや?と思うくらいに出てこないので、
それこそ肩すかしを喰らった気分になり、
「この人の右手の小指は、通常の人より短いのか?」
と、ヘンな疑問を持ったりしたものでした。

その点、今回の外山さんは文句なし!
ましてやこの人、ブーニンのファンだよ、たぶん。
それは、ショパン・プレリュードの第13番のテンポが、
アシュケナージなどの早いテンポではなく、
ブーニンがショパンコンクールで弾いたときの遅いテンポだったんです。
だからメチャクチャ感動しちゃいました。
そのせいか、一番良かったと思えるのは、
プレリュードの第13番と舟歌、バラードの4番という、
ショパンばかりです。
いや、私がショパンを好きだからかもしれません。
ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌも、
シャンソン・フランソワみたいな感じで良かったです。

いやぁ~満足したぁ。
よかった・良かった。
ほんとピアノを弾きたくなったけど、
電子ピアノを実家に置いてきちゃっているから・・・
なんて、そんな気分になるほど良かったってことなんですけど。

FC2 Blog Ranking





2008⁄07⁄26 22:49 カテゴリー:コンサート comment(2)
▲pagetop








なに怒っているんだ?


明日の24日は、土用の丑の日だそうです。
こりゃ、タイヘンだと思い、
ちゃ~んと、牛の肉を買ってきたkenkobです、こんばんは。

数日前の休日の出来事でした。
私は8時過ぎくらいに起き、朝食を食べ、
その後、小説を読み始めました。
ケンゾーは、やたらとニャゴニャゴ、ゴロゴロ言いながら近寄ってきたのですが、
テキトーにあしらっていました。
内心、何時もなら寝ている時間だと思うが、
私が居るので起きているのかな?
と勝手に考えていました。

一時間ばかりそのような状態が続いた後、
突然ケンゾーが、
『にゃおぉん!!!』
とあきらかに怒りのこもった泣き声で叫ぶのです。
な、何事?と不思議な面持ちでケンゾーの顔を覗き見ると、
やっぱり怒っている様子。
なに怒っているんだ?と思いましたが、
ケンゾーが怒るといえば、
触りすぎて嫌がるときか、
嫌いなお風呂に入れようとするとき、
もしくは、エサがもらえないとき・・・

おぉ?とエサか!
と思い、自動給餌器を見てみると、
セットしてなくて・・・
こりゃあ、怒るわなぁ、
と朝飯のフレークフードを与えると、
ガフガフ言いながら、がっついて食べていました。

ま、一年に一度くらいのボン・ミスです。
ゆるしてチョーダイ!


 食べ終ってすぐ、ゴロゴロ言っていました。


 ごめんなさいのナデナデ・・・






 FC2 Blog Ranking





2008⁄07⁄23 23:35 カテゴリー:ケンゾー comment(6)
▲pagetop








毛が代わる時期


昨日の夕方ごろまでは、
「明日は不燃ゴミの日だから、このゴミを出しにいかなきゃ!」
と覚えていたのですが、ソレをすっかり忘れてしまい、
不燃ゴミさんが二週間ほど居候することが決まって、
ご機嫌ナナメなkenkobです、こんばんは。


 最近のケンゾーは、ゴミ発生器です!
 マイク・ダイソンが毎日稼動しなくてはいけません。
 抜けた毛ぐらい自分で処理しろ、ケンゾー!!!


 あ、ソッポを向きやがった!


 

抜け毛の期間は、タイヘンです。
でも、以前はもっと早い時期だったような・・・
ケンゾーも歳をとったから、
毛が代わる時期が遅れているとか?

FC2 Blog Ranking





2008⁄07⁄16 20:31 カテゴリー:ケンゾー comment(2)
▲pagetop








さ~ん!週間


ウナギや牛肉、鶏肉までも偽装される今の世の中。
偽装は許せません!と思うのですが、
バストの偽装は、その費用と効果、
そして偽装者たちの心の痛みを斟酌して、
ま、許しても良い偽装かな?
と思う、ヌーブラ・ヤッホーなkenkobです、こんばんは。

 ケンゾーは、相変わらず寝てばかり・・・


資格試験後、さ~ん!週間ぐらいアホになろうと思いましたが、
あまり自堕落な生活が出来そうにありません・・・
習慣って、凄いよね。

ソレよりも考えなきゃいけないことが沢山あるから。
FC2 Blog Ranking






2008⁄07⁄15 18:34 カテゴリー:ケンゾー comment(2)
▲pagetop








トゥッティ フルッティ


7月6日は、予定通り資格試験を受けてきましたよ。
午前2時間、午後3時間の試験は脳みそを酷使する耐久レースみたいなものですが、
その耐久レースを耐えうる程度の体力のようなモノは、
しっかりと身についていましたね。
しかーし、そんな体力みたいなモノがあるからといって、
合格できるとは限りません。
問題なのは、その体力を基礎とした技術力でしょうか。
まだ、そんな技術力までは身につけていないと思います。
そう、『もう1~2年、勉強してきなはれ!』
といわれたような気がしました。

そんな体力のような脳力があっても、
脳みそは消費したブドウ糖を補給すべく、
試験直後に甘いモノを要求してきました。
そこで比較的近所にある、最近見つけた
『トゥッティ フルッティ』へ行ってきました。

*+*+ トゥッティ フルッティ *+*+


魅惑のスィーツ置き場:富山県富山市太郎丸西町2丁目9番地2
入手可能曜日:定休日 火曜日(祝日の場合は水曜日)
ピンポイント目標:1個 420円(もしかしたら480円)なんて名前だったか忘れちゃった。
目標対象物の体積:ふつう
対象物の中身:モンブランがなかったんです。でもね、美味しかったから問題ナシです。ブルーベリーやバナナ、キウィーなどのフルーツがたっぷり入っていました。
対象物の糖度:口に入れたとたん「おや?」と不思議な感じがするくらい上品な甘さ。
攻撃難易度:★★★★

このお店は、私の住むマンションから自転車でいけるくらいの距離にあるんですが、
その存在を知ったのは、つい最近です。
たまたまケーブルテレビで「トゥッティ フルッティ」を紹介している番組を観て、
「お?そんな近所にケーキ屋さんがあったっけ?」
と不思議に思い、引越し直後に貰った○○小学校・校区地図で調べ、
「おぉ!ほんまやぁ。こんなところにケーキ屋さんあるやん」
と気付いたのでした。
だってさ、メイン道路から一本奥に入った住宅街の中にあるのに、
何の看板も上げていないんだモノ。
そりゃ、気付かないって。
お店の外観もケーキ屋さんという感じではなく、
茶色の分かりにくいものです。
隠れ家的ケーキ屋さん・・・って、ほんと「こしのなかこく」では、
このような商売っ気のないお店が多すぎ。
でも見つけたら、「ラッキー」って気分になるかもしれません。

チョット探しに行ってみては?
FC2 Blog Ranking





2008⁄07⁄09 22:13 カテゴリー:美味しいもの  comment(8)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2008 「こしのなかこく」広報室. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。