プロフィール

kenkob

Author:kenkob
スコのエルと
マンチカンのミニョン。
猫写真のブログです。

アメショーのケンゾーは、
2012.10.11に亡くなりました。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


FC2カウンター


▲pagetop

あけ・おめ


   

新年 あけまして、おめでとうございます

 元旦



お健やかに初春をお迎えのことと存じます。
旧年中は格別のご厚誼を賜りましてありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



Twenty years from now you will be more disappointed by the things you didn't do than by the ones you did.
So throw off the bowlines away from the safe harbor.
Catch the trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover.

20年後に人は、やったことよりやらなかったことを悔いるものだ。
だから、綱を放ち港を出、帆を揚げ風をとらえて、
探検せよ、夢を見よ、発見せよ。

マーク・トウェイン
 訳文 「知の逆転」ジェームズ・ワトソン他 NHK出版新書 p201から引用



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


 またもや正月になってしまいましたよ。歳のせいかもしれないが、時の経過を早く感じる。結局のところ、何も変わっていないような気がするのに。というか、より状況が悪化している気さえする。大丈夫だろうか・・・
 でもね、暗澹たる状況だからといって諦めてしまうのは、あまりにも自分が可哀そうだ。多少みっともなくとも、無様でも、諦めずに頑張らないとダメでしょ!
 新春だしね、前向きに考えないと。

 寝正月ですけど、何か?





じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

 にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログへ  
-------------------------------------------------------


スポンサーサイト



2015⁄01⁄01 20:34 カテゴリー:ひとりごと comment(4)
▲pagetop








あけ・おめ


   

新年 あけまして、おめでとうございます

 元旦



お健やかに初春をお迎えのことと存じます。
旧年中は格別のご厚誼を賜りましてありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



知りて知らずとするは(じょう)なり。知らずして知るとするは(へい)なり。
聖人の病あらざるは、()の病を病とするを(もつ)てなり。()()だ病を病とす、(ここ)を以て病あらず。

知っていても知らないと思うのが最上である。知らないのに知っていると思うのは欠点である。
聖人に欠点がないのは、欠点を欠点とするからである。そもそも、欠点を欠点とするからこそ、それだからこそ欠点がないのだ。

蜂屋邦夫訳注 「老子」pp323~325 岩波文庫



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


 老子の言葉には、さらっと読んだときに「これって、事なかれ主義なの?」と感じるものがたくさんありますね。当然ながら、そんな単純ではありませんが。一部に「もったいない」の思想に通じる面もありますが、理解すればするほど、これはかなり難しいのでは?なんて思ってしまいます。その中で上記の第71章を書いてみました。

 知っていても知らないというのは、知っていてもほんの一面であったり、言葉で表すこともできない、という意味である。そのような意味ならば、ソクラテスの有名な『無知の知』(自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い)に近い言葉かもしれませんね。
 知らないくせに知ったような顔をして、大きな態度で人を見下すヤツはたくさんいます。私自身がそんな人間になることはありませんが、底の浅いヤツに見下された場合に、意地になって”知ったようなこと”を殊更に敷衍したくなる場合があります。そんな行動には、全く価値がないのですがね。
 タチの悪いヤツラの行動から、一歩引いて自分自身を保持していられるような、そんな強い精神力を持ちたいものですね。というか、ここ十数年、性格の悪い人達との関わりが多すぎて嫌になりますが。この試練はいつまで続くのやら。


 気付いたら、ベッドが占領されていました。


 私が電気をつけたので起きましたが、
 また寝るつもりのミニョンです。


 眠いのにぃ~という顔のエルちゃんでした。





じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

 にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログへ  
-------------------------------------------------------





2014⁄01⁄01 13:50 カテゴリー:ひとりごと comment(4)
▲pagetop








フォト・コン


憂鬱な気分で過ごしているkenkobです、こんばんは。

極楽ねこカレンダー・フォトコンテストの応募候補写真です。
今年は一人1枚なので、大変悩みますね。

 エルちゃん候補1


 エルちゃん候補2


 ミニョン候補1


 ミニョン候補2


 ミニョン候補3

 
ミニョンの2番か、3番かな?



じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

  にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ  
-------------------------------------------------------






2013⁄07⁄15 16:21 カテゴリー:ひとりごと comment(4)
▲pagetop








証拠写真


うお!と、
テンションの上がることがあったkenkobです、こんばんは。

下の証拠写真を見てください。

 ドリームジャンボ宝くじの3等当選です。
 今回は、ネットで当選番号を確認せずに売り場へ行きました。
 表示板に5万円の数字があった時でも、
 全く実感がありませんでした。


 もしかしてエルちゃん。
 何か美味しいものでも買ってもらえるとか思ってる?

 
 美味しいものを想像して舌舐めずりですか?
 もう、舌をしまいなさい!
 しかもチョロ出しだなんて…





じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

  にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ  
-------------------------------------------------------






2013⁄07⁄01 19:31 カテゴリー:ひとりごと comment(9)
▲pagetop








あけ・おめ


   

新年 あけまして、おめでとうございます

 元旦



お健やかに初春をお迎えのことと存じます。
旧年中は格別のご厚誼を賜りましてありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



「希望とは、もともとあるものともいえぬし、
ないものともいえない。
それは地上の道のようなものである。
もともと地上には道はない。
歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」

魯迅 「阿Q正伝・狂人日記 他十二篇」 p99 岩波文庫



+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



これは、魯迅が引っ越しをするときの話、
『故郷』の最後に出てきます。
その話では、久しぶりに幼なじみに会ったが、
子供の頃の思い出話に花が咲くことはなかった。
ただ、お互いが歩んできた別の道の距離感や、
お互いの現状の厳しさを実感し、
打ちひしがれそうになっています。
そのような状況から鬱々と考えていた時に、
『希望』という単語にハッとして、
最後に上記の文章で締めくくられます。

人生においても、日本の現状においても、
「明るい未来」があるとは考えられない、
ままならないことばかりです。
特に東日本大震災と原発事故により、
日本は大きな分岐点に立っているはずです。
福島第一原発の地球規模の放射能汚染は日本が犯した罪です。
地球上の皆様に災いを招く放射性物質を大量にばらまいた日本国民が、
事故の詳細な状況も把握できていない時に
原発の新増設を平然と語るヤツを総理大臣にしているのですから、
暗澹たる思いになるのは当然でしょう。
大きな分岐点から歩みだす「道」は、
以前に通ったことのある道ではないはずです。

原発に反対する大勢の人が歩き出せば、
新たな「道」が切り開けるかもしれません。
そう信じて生きていきたいですよね。

 猫たちは仲良く寝ています。





じゃあまた、kenkobより

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しています

  にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ  
-------------------------------------------------------






2013⁄01⁄01 09:24 カテゴリー:ひとりごと comment(10)
▲pagetop










| HOME | next >>



Copyright © 2017 「こしのなかこく」広報室. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder